だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
幸せのクローバー
 幼稚園で出会ったKさんから素敵なプレゼントをいただきました。
四つ葉のクローバーがたくさんなんて粋な贈り物なんでしょう。嬉しくて幼稚園の駐車場で朝から涙しそうになりました。
四つ葉のクローバーは大好きだったおばあちゃんのみさちゃんと、お散歩したときによく探しました。おばあちゃんと呼ばれるのがイヤで「みさを」という名から「みさちゃん」がいいって。みさちゃんは四つ葉が見つかるまでずっと横にいてくれました。
今もクローバーを見かけると、ついつい四つ葉を探してしまいます。

おみやげとかプレゼントって、その人が相手のことを思い浮かべながら用意してくれる、その時間が貴いと思います。

ほのぼのさんとは学年が違うのですが、Kさんとはお話してみたいな〜と惹かれるところがありました。
お話しするようになり、Kさんもこども服を作っていらっしゃることが判明。こちらから→
lily Rose Couture






 

23:17 * comments(0) * - プレゼント
姪のお誕生日
昨日は東京に住む姪の11歳のお誕生日でした。
数年前から『こども歌舞伎』をはじめて、江戸東京博物館で演じたり、区の文化祭、老人ホームでの公演など熱心に取り組んでいます。独身時代、歌舞伎を観に行くのが好きだったので、姪が演じるようになってとても嬉しく思いました。







姪がうまれて4ヵ月後に母が他界したので、姪の成長も見るたびに月日の流れの速さに驚かされます。妹は母の看病もあり、里帰り出産してくれました。母が余命わずかと告げられ、辛く寂しい思いをしながら看病していた家族を癒してくれたのは、赤ちゃんだった姪の存在でした。ありがとう。

お誕生日プレゼントに、カーディガンを縫いました。リクエストは落ち着いたラベンダーでということでしたが、思うような生地が手に入らず、ワインカラーで。前立てのところには同系色のリバティのThorpeを使いアクセントに。
22:56 * comments(6) * - プレゼント
妹へ誕生日プレゼント
9月は妹とほのぼのさんの誕生日月です。先日、東京に住む妹の誕生日でした。2つ違いの妹は、幼い頃は私の後ろに隠れて「こんにちは」も言えない恥ずかしがりやさんでした。妹は学校の遠足のおやつを遠足から帰ってきても残しておいて、箱にきちんと並べておくのですが、私は、遠足前から食べるタイプでした。同じ親に育てられても、違うところがたくさん。娘やほのぼのさんを見ていても、それぞれ、いろいろです。

妹への誕生日プレゼントは最近ハンドメイドのものをプレゼントすることが多いのですが、今年は、会社にお弁当を持っていっているので、かばんをリクエストしてくれました。
布・リバティ ビニールコーティング Betsy(楽天・Angelus)

妹は私よりも結婚が早く、こどもたちも小学3年生と5年生。結婚前に勤めていた会社から声をかけていただき、春から10年ぶりに復職することに。若いうちに子育てを一段落させて、また仕事を続けることができるのもいいなと思いました。家事との両立は忙しそうですが、ハツラツとした表情をしています。会社に持っていくお弁当袋とランチョンマットも作りました。
そして、いとこと過ごした夏の写真を『DVD Photo Slideshow』のお試し版を使って編集しました。高画質で編集機能も充実しているので、購入しようかなと迷っています。ビデオをまわし続けるのは結構タイヘン。このソフトを使えば、写真を撮りためて編集すれば十分楽しめるのではと思いました。
18:45 * comments(4) * - プレゼント
うわばきが大変身
ほのぼのさんは、月に1回、いとこのみぃちゃんと娘の通っていた幼稚園の子育て支援事業「ひまわりの会(翌年度入園対象児)」に通っています。うわばき持参なのですが、みぃちゃんがとても可愛いうわばきを履いていました。
聞くと、みぃちゃんのおばあちゃんのお友達の手作りとか!
あまりにも素敵なので、娘用にずうずうしくもお願いしてしまいました。
そしてこちらを作っていただきました。白いうわばきがこっくりしたピンクに染められ、大変身です。娘もにんまりいい笑顔。お出かけ用に履いていく!と言ってました。女の子ママも幼稚園や小学校に持参していく携帯用スリッパとして、色違いで欲しいぐらいです。いいなぁ。

こちらは、週に1回通っている別のプレ幼稚園でのほのぼのさん。右側のイルカの近くで遊んでいる子ではありません。足洗い用のたらいに入っているのがわが子です。なぜ、こんなところにと思われることでしょう。
男「ここなら、おもちゃ、とられないぴかぴか
広い方のプールで遊んでいたら、持っていたおもちゃをお友達に奪われそうになり、泣きべそあせあせ遊びたいおもちゃを必死に抱え、ここなら大丈夫だとひらめいたのでしょう。
少しずつ、「かして」「どうぞ」ができるようになることでしょう。考えてみたら、自分が夢中になって読んでいる本を途中で「かして」と言われたら、私だって、え〜っと思ってしまいます。2〜3歳のこどもたちには、難しいことでしょうね。
19:20 * comments(8) * - プレゼント
素敵な缶たち
赤ちゃん人形(2/18日に紹介)を教えてくださったしまこさんが作ってくださった小物入れたち。
これらは、お菓子の空き缶などをデコレーションしたものなんです。いただいた時は感激でした。
backは裁ちばさみも入るようにと考えてくださった裁縫箱。
ミシンやTeaセットなど、ドールハウスなどにもぴったりのミニチュアが貼ってあり、眺めているだけで楽しい気分になります。
幼稚園には保護者向けにいくつかサークル活動があったのですが、【クラフト】で、この缶のデコレーションの仕方をしまこさんに教えていただきました。キルト綿を使ってふっくらさせたり、両面テープを使ったり…。カルトナージュよりも手軽にできるのかなと感じました。とにかくお家にある何でもない空き缶の変身が楽しい!
私がいただいた缶を娘が羨ましがり、おねだりして作っていただいたのが、右です。左は幼稚園のバザーに出品されていたのを娘がお買物。色々なケーキバージョンがあり、こどもたちの間で争奪戦でした。
細かい部分にも遊び心がたっぷりつまっています!
22:43 * comments(4) * - プレゼント
ランドセル
待ちに待ったランドセルが、届きました。
おじいちゃん、おばあちゃんからの入学祝のプレゼントです。
今日が大安ということで、今朝おじいちゃんからいただきました。拍手

娘の希望でたくさんのカラーの中から「チェリーピンク」を選びました。

私が小学校入学の際には、大阪の祖母がプレゼントしてくれました。
大阪・梅田の阪神百貨店に行って選ぶことにしたのですが、
母が指差したのは、しぶ〜いオレンジ色。
今でこそ、カラーバリエーションは豊富ですが、その頃は、黒、赤が大勢を占めていました。
内心、「どうしよう…」と思ったのですが、母は、レジにオレンジを持って行き、お会計を済ませました。
小学校に入学して、やはりオレンジ色のランドセルは全校生徒の中でただ一人でした。
恥ずかしさもありましたが、今になってみると、人と違ってもいいんだということを学んだ気がします。

おじいちゃん、おばあちゃんのやさしい気持ちがいっぱいつまったランドセル。
6年間、丁寧に使ってほしいです。

13:30 * comments(0) * - プレゼント
待望の机、到着!


 4月に1年生になる娘。

 アーパ(実家の父のことを孫たちはグランパの略でこう呼びます)が、お祝いにイトーキの学習机をプレゼントしてくれました。

すべての角がまあるくなっていて、とても温かみのあるやさしい机です。感謝よつばのクローバー

 「あと何回寝たら、学習机とどくの〜?」と毎日ワクワクしながら、この日を迎えました。家具屋さんがいらして、組み立ててくださっている間も、ソワソワ。

早速、引き出しに文房具や書き溜めて何冊にもなる自作の物語ノート(絵本のようになっているのですが、めったに見せてくれません)を楽しそうに入れていました。

あちこち入れているので、手を出してきれいに、という気持ちになったのですが、自分の好きなように工夫しているようなので、ぐっと我慢。

机の中は、彼女の世界。これからは勝手に踏み込んではいけないなぁと思いました。


お気に入りの黄色い椅子。
まだ足が届かないところが可愛いです。
00:25 * comments(0) * - プレゼント
ピアノBag

幼稚園のお友達のママsanaeさんから、御礼にといただきました。

包みを開けてびっくり!

鍵盤は両面にあり、とても手の込んだつくりです。

ミシンパッチも丁寧にしてあり、同じミシンを愛する人間として 手間がかかったんだろうなぁと感激です。

このバッグ、「妹さんファミリーにも」ともう一つ作ってくださいました。

幼稚園のバザーでは、あっという間に売切れてしまった幻のバッグなのです。

私が使いたいなぁと思っていたのですが、娘に早速見つかり、 ピアノの本も移しかえていました。

09:30 * comments(1) * trackbacks(0) プレゼント