だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
プラモデルもどき?
ほのぼのさんが大好きなゴーオンジャーももうすぐ最終回。普段はスーパーでゴーオンジャーのお菓子を欲しがっても小さなラムネが1つだけついているので、買うことはありませんでした。しかし、ゴーオンジャーが終われば、お菓子もなくなるのかなと思うと、今回は特別にOK

しかし、ついていたのはプラモデル。簡単に組み立てるものではなく、パーツも多く(私にとっては)時間がかかりました。プラモデルに無縁の生活を過ごしてきた私、この細かさに感動しました。小さなパーツがピタリとはまる気持ちのよさ、説明書のわかりやすさ。これを作った人はすごい!!と思いながらの作業でした。

「ママ、まだ〜」と何度も催促されましたが、なかなか難しいのです。
本当のプラモデルは彩色をしなければいけないのでしょうが、これはシール。そのシールの細かいこと。洋服のパターンもよく計算されていますが、プラモデルもそうです。
ほのぼのさんも大きくなってプラモデルで、ものづくりの楽しさを感じられるかな。
20:35 * comments(8) * - おもちゃ
IKEAの木馬
昨年のクリスマス。ほのぼのさんへのクリスマスプレゼントは真っ赤なトナカイ、IKEAの木馬。

Q.なぜ、遊園地にしたのか?
私がこどもだったら、木馬に乗って、ゆらゆら揺られ続けたいからというのが1番の理由ですが、もうひとつ…。
我が家には、いとこからおさがりにもらった前進するとポッポッポッーと音が鳴る乗用木製玩具があります。ほのぼのさんは、それを自由自在に操り、家の中を乗り回します。
こちらがハラハラすることも多く、一度は襖の下の部分が東障子(ガラス)になっていて、そこへガシャン冷や汗
「そうだ!木馬なら一箇所でおさまる」とひらめいたのです。
パパが組み立てる様子をこどもたち二人はわくわくしながら見守っていました。
完成し、乗ってみたほのぼのさん。「アレ?前に進まないの?」と少し不思議そう。これで一安心と思った私が甘かったあせあせ

次の日、ガンガンガンとはずむ音。ほのぼのさんは、笑顔で木馬に乗りながら、はずんで前進してきました。あ〜、床が…。



06:47 * comments(7) * - おもちゃ
ドールハウス
 そろそろひな人形を飾らなければと思いながらも、一日延ばしになっています。
 娘が初節句を迎えるとき、実家で雛人形をと言ってくれたのですが、私の雛人形をそのまま使いたいと思い、七段飾りの骨組みと赤い毛氈のみ新しくしてもらいました。

雛人形の代わりにと父が娘に贈ってくれたのが、このドールハウスです。母が他界した後、父と二人でスペイン旅行のツアーに参加しました。自由行動の時間におもちゃ屋さんに入りました。とても素敵なドールハウスが飾ってあり目を奪われました。
そんな思い出もあり、父はドールハウスを思いついたようです。

こちらのドールハウスはドイツのBodo Hennigh社のものです。ドールハウス専門店Petiteさんから取り寄せました。お誕生日やクリスマスのたびに家具や小物などを少しずつ増やしています。
娘は夢中になってドールハウスの部屋の模様替えをして遊んでいます。ずっとずっと大切にしていきたいと思います。


19:06 * comments(4) * - おもちゃ
英語のビデオ

娘が3歳ぐらいのとき、英語に親しんでほしいなぁ、何がいいかなと考えました。
大学時代、英会話の授業でクラスメートの一人が先生に発音を誉められました。
「どこで発音を学んだのですが?」
「洋楽が好きで、いつも聞いています。それだけです」
そんな会話を思い出し、まずは負担にならない程度にビデオからスタートしようと思いました。

そして選んだのが、このBarneyのビデオ。

Sing & Dance With Barney (1998)

amazon.co.jpでは、手に入らなかったので、amazon.comより船便で。
このむらさき色のバーニーを怖がることなく、すぐに夢中になりました。
バーニーとこどもたちが27曲も歌ってくれるので、飽きることなく楽しめました。
「バーニー見たい!」と二人とも大好きなビデオです。

最近、別のバーニーも購入しようと、amazon.co.jpでDVDを注文。リージョン1だったので、我が家のプレーヤーでは再生できず、残念。うっかりしてました。
一緒に取り寄せたこちらも、お気に入り。

Wiggle Time (2000)

ザ・ウィグルズは、オーストラリアで人気の子ども向けエンターテイメント・バンドだそうです。
カッコいいとは言えないお兄さんたち(オジサン?)とタコや恐竜、犬たちが賑やかに歌ったり、踊ったり。
ヴォーカルのグレッグの歌声がとってもいいんです。

上記2本の次に好きなのが、
Richard Scarry - Best ABC Video Ever (1990)
Richard Scarry - Best Learning Songs Video Ever (2001)

アルファベットや数など、基本的なことを楽しみながら学べます。

14:30 * comments(4) * - おもちゃ
リチャード スキャリー

ほのぼのさんのお気に入りのひとつが、この木製のBRIO
レール。
とても頑丈なつくりで、がちゃがちゃ遊んでも平気。

飽きることなく、列車をくっつけています。
長すぎて、へびのよう。

娘が3歳のころ、おさるのジョージシリーズを買ったのが、BRIOとの最初の出会いです。


リチャード・スキャリーのビジータウンシリーズがあることを知り、アーパにお誕生日やクリスマスの際に少しずつプレゼントしてもらってきました。
廃盤になってしまったので、オークションで手に入れたこともありました。(ガソリンスタンドのみ手に入らず、残念)

私とビジータウンとの出会いはこの1冊からです。
幼い頃、父が県外に出かけたときに買ってきてくれるおみやげは本が多かったです。
この本は、私の手元にきて、かれこれ30年になります。



なかでも、このパンのページbackが大好きでした。

パンの釜がパンで出来ていて、ピチピチはじける様子がおいしそうパン

パンを焼くのが好きなのも、ルーツはここなのかな。





14:19 * comments(2) * - おもちゃ