だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
ムスカリ
我が家の花壇にムスカリが咲き始めました。花言葉は「明るい未来」。

このたびの大震災罹災、心よりお見舞い申し上げます。


地震の一週間前、東京での宿泊会議で一緒だった岩手の友人。
彼女から携帯に「大丈夫です」とメールが届いた時の安堵感。
そして、大変な状況にあるのに、数日後山梨で地震があったときに真っ先にメールをくれたのが彼女でした。
辛いときこそ、支えあい、分かち合っていきたいと思いました。

こちら山梨でも地震、余震、が続き、不安な思いをしているこどもたち。
現実を知ることももちろん大事。でも、ニュースを見続けることによって知らないうちに心に不安が蓄積してもいけないので、最小限にしています。
停電のときは、ほのぼのさんのリクエストにより絵本や紙芝居を活用しています。

義援金以外に私にできることは何だろうと考えています。
児童文学作家の杉山亮さんのブログ、
3月19日に「絵本を送ってください・覚書」を読みました。

この活動の公式サイトは
「kodomiru 子どもと見る風景」。

国際協力NGOジョイセフは被災地におむつなどの救援物資を送る活動をしていますが、輸送トラックにできた空間などを利用して、可能な限りの絵本を運んでくださるそうです。

「わざわざ、あたらしい本を買う必要はありません。お金をだすなら、それは義援金でだしたほうが全体のためだと思います。」と杉山さんは書いておられます。
我が家の本棚からこどもたちと相談しながら何冊か選びたいと思います。
16:28 * comments(2) * - 絵本
スポンサーサイト
16:28 * - * - -
comment
本当に、11日以降、日々の生活を見直しています。
我が家も娘が不安定で、どんな風に乗り越えていけばいいのか試行錯誤です。

ただ、事実を伝えていく必要はあると思っているので
「地震はまたいつか来るけれど、大丈夫。あなたは一人じゃないから」
と伝えるようにしています。

そして
自分にできることを模索しています。
おひさまパンさんの紹介、絵本を送る活動はとても賛同できそうなので
私も協力してみたいと思っています。
tomo 2011/03/21 6:53 PM
tomoさん、こんにちは。
コメントをいただいていたのに本当にごめんなさい。
tomoさんがここ2ヶ月考え続けてきたことをブログで拝見し、私も考えることができました。
絵本を送ること以外にも少しずつ行動していきたいと思います。
おひさまパン 2011/05/11 7:30 PM






<< Next   /   Prev >>