だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
親子遠足〜山梨市万力公園
 幼稚園の親子遠足で山梨市の万力公園に行ってきました。こちらの公園、自然たっぷりで広い!小さな動物園もあって、鹿やヤギ、くじゃく、あらいぐまなどが見れます。奥にはアスレチック広場があるのですが、ほのぼのさん、ドキドキしながら挑戦していました。怖そうにしているので、手を差し出すと首をふります。そして前に進もうと努力しています。年少さんの頃は差し出す手につかまってきたのに、成長を感じました。
東京タワーのような形に綱をはってある遊具もありました。ほのぼのさん、こちらも慎重にロープを渡り歩きます。どうしてもてっぺんまで行きたい様子。でも、ママの手は借りたくなさそう。じっと見守るだけでした。
そんなとき元気なA先生が「私いってきていいですか?」とにっこり。
さささっとのぼり、ほのぼのさんの後ろに。手をだすのでなく、足の置き場所を丁寧にアドバイスしてくださいます。てっぺんにのぼったときのすっきした笑顔と先生のさりげないフォローに胸がいっぱいになりました
お弁当をクラスのみんなで食べた後、こどもたちはうきうきしながらおやつ交換でした。ほのぼのさんはアメの袋を抱えて、お友達に1つずつ配り歩きます。帰りには袋いっぱい色々なおやつをいただきました。
Rick Rackの双糸天竺ボーダー【生成り×グリーン】 でつくったポロシャツです。
120サイズで作ったのに、ジャストサイズ。
今年の夏、3日に1回は着てもらわなければ〜といった感じです。
前あきでボタンホールなしなので頭の大きいほのぼのさんでも脱ぎ着がラクです。


17:31 * comments(0) * - おでかけ
桃の花見
 今年も日本一早い桃のお花見の季節がやってきました。
笛吹市石和町富士見地区では、ハウス栽培の桃園でお花見真っ最中です。
休日にはお弁当を持った家族連れでにぎわっています。
外は寒くても、扉を開けると別世界、春爛漫といった感じです。

我が家のハウスに、ほのぼのさんの幼稚園のみんなをご招待しました。
水筒とお弁当をもって、幼稚園バスに揺られてやってきました。普段、自家用車で送迎のお友達はバスに乗ることができて嬉しそうでした。

桃に関するクイズや↓の紙芝居を楽しんでもらいました。
お弁当までのひととき、こどもたちは熱心に花びらを集めていました。こどもたちの元気パワーが栄養となり、5月にはおいしい桃が実ることでしょう。


16:45 * comments(4) * - おでかけ
シアターGロッソ
冬休み、Nさんが東京で用事があるというので「着いていく!」と便乗。saleをのぞきたいと思いながらも、こどもたちが喜ぶところに連れて行きたいなぁと決めたのが、
シアターGロッソ。
そう、二人が大好きなシンケンジャーショーです。
座席はL列中央を予約しました。ちょうど、前方グループと通路をはさんだところです。怖がりのほのぼのさん、前列では泣いて帰りたいと言い出しそうなので…。シアター内は傾斜が急でどの席からも見やすいというものの、やはり大人の後ろでは膝に乗せてあげなければならないようでした。
ショーの途中でゲンさんやナナシたちが目の前の通路にやってきて立ち回りを演じてくれました。ほのぼのさん、緊張してました。

映画公開を記念して、ショーのあとの握手会にはゴーオンジャーも 登場。握手券&撮影券が1番だったので、目の前で登場シーンが見れました。

一人ひとりと握手するほのぼのさんの背中、高揚感が見てとれました
激しいアクションをするアクターの皆さん、何歳ぐらいの人たちなんだろうと運動不足の私は感心するのでした。




22:24 * comments(2) * - おでかけ
東京モノレール
連休後半、Nさんが所用のため東京に行くというのでお供することに。浜松町のホテルがとれたので、夜はこどもたちと私の三人で東京タワーの近くまで散歩。
翌日は電車好きのほのぼのさんのために、モノレール&飛行機を見ようと出かけました。
いざ、空港の展望場についても、飛行機を見るよりも、「お子様遊園地」に夢中。
「ホラ、飛行機が!」なんていっても、こどもは遠くの飛行機よりも目の前の遊具のほうが…。そんなものです。
 
東京で布や食器を見たいなぁ〜と思っていたものの、こどもたちは、「早くホテルのお部屋に行きたい〜」
「え〜、買い物〜」というので、結局、クリスマスカードを数枚購入したのみ。







羽田空港の第1ターミナル、第2ターミナルとはしごし、色違いのツリーにわくわく。
飛行機を見るなら、第2がよいことを学びました。

11:34 * comments(0) * - おでかけ
三人
 夏休み、東京から4年生の甥がやってきて、しばらく三人きょうだいを味わいました。仕事で忙しい妹に代わり、しばらくママ代わりを味わいました。こどもが三人いたら楽しいだろうなと思っていた私にとって、貴重な経験でもありました。
娘がほのぼのさんに少々キツイことを言ってケンカになると、甥がやさしく仲裁に入ってくれたり、時には甥と娘でケンカになったり…。そんな交わりの中から、それぞれの成長を感じました。

今年も忙しいNさんに代わり、父が孫三人を連れて伊豆に連れて行ってくれることになりました。海で泳ぐのはまだほのぼのさんが心配なので、プールが充実しているこちらに。

去年、スーパービュー踊り子号の10号車のプレイルームで遊んだことが忘れられないらしく、こどもたちは、「今年も踊り子号で遊びたい!」
今年は座席は10号車の2階を予約し、1階のプレイルームと行ったり来たりしながら遊んでいました。

まだ本物のキリンを見たことがないほのぼのさんのために、
伊豆バイオパークへ。100円で購入したにんじんのスティックを持って、いざキリンの前に!キリンの長く黒い舌に、とまどうこどもたちそれでもとっても楽しそう!何度かえさを買い足していました。
他にもハリネズミやアルマジロを抱っこできたり、ナマケモノをなでることができました。

動物とふれあうことが大好きな人にとって、オススメの公園です。
伊豆から戻り、学校が始まるので甥は東京に帰りました。
またおいで〜


06:10 * comments(2) * - おでかけ
電車で清里へ
毎月大人だけのランチタイムを楽しんでいるメンバー、今月はこどもたちも一緒におでかけを企画しました。電車で行けるところがいい!ということで、清里に決定。
中央線の普通電車にゆられ、小淵沢の駅で小梅線に乗り換えます。清里駅の先にある野辺山駅は標高1345mのJR線最高駅でもあり、車窓は緑まぶしく、爽快でした。

清里駅からはのピクニックバスを利用しました。
普段、マイカーで移動することが多いので、電車やバスに乗るだけでもほのぼのさんは大喜び。


目的地は「萌木の村」。オルゴール博物館や地ビールが飲めるレストラン、雑貨店などがあり、大人も子どもも楽しめます。
小さなメリーゴーランドもあるのですが、これがオススメ!
うさぎやクマ、魚をくわえたネコ、ダチョウ、にわとりなど、他では見られないメリーゴーランドです。こどもたちは2回も乗りました。

村内の自然木工房で木工体験をしました。

は我が家のペットに似た耳垂れうさぎを電動工具を使って仕上げました。



ほのぼのさんは、にょきにょきくんをボンドで仕上げました。
ほのぼのさん、私が娘の様子を見に行っている間に一人で仕上げてしまい、驚きました。何でも自分ひとりでやってみたい時期です。


16:32 * comments(0) * - おでかけ
韮崎中央公園
ほのぼのさんの幼稚園のイースター親子遠足にでかけてきました。行き先は韮崎中央公園です。
ほのぼのさんの通っている幼稚園はキリスト教主義教育なので、イースターはクリスマスと同じぐらい大切です。県内に系列の幼稚園が三園あり、合同で礼拝を守りました。
現地集合だったので車で出かけてもよかったのですが、電車好きなほのぼのさんのために、普通電車で韮崎駅まで行き、駅からは待機してくださっていた幼稚園バスに乗りました。普段、車で送迎しているので、男は幼稚園バスに乗るだけでわくわくでした。
女の子も久しぶりに大好きな先生にお会いできると大喜び。先日作ったうさぎさんを連れて行き、恥ずかしそうに見せていました。

韮崎中央公園には大きなSLが展示されているだけでなく、石炭を焚く本格的蒸気機関車ミニSLも(日曜・祭日のみ運転)。乗車券(3歳以上100円)を購入して、ぐるり一周。スピードもあり、大満足でした。

公園内には、木のアスレチックがあったり、大型すべり台も。木陰もたくさんあるので、お弁当を食べるときも日差しが気になりません。GW中、大渋滞に巻き込まれるよりも、こどもは近場で体を思いきり動かして遊べれば十分なのかも。

女の子が小学校に行き、授業参観があるぐらいで親子で楽しむ行事はあまりなく、物足りないなと感じることも。ほのぼのさんの幼稚園生活が始まり、また3年間、楽しくなりそうです。
今朝は幼稚園の駐車場で同じクラスのお友達のママたちに「男くんを見ていると、なんだか癒される〜」と言われました。皆に愛されて大きくなるんだねハート。感謝です。
12:30 * comments(2) * - おでかけ
富士急ハイランドへ
トーマスのプラレールで楽しそうに遊ぶほのぼのさん。富士急行線を走るトーマスランド号に乗せてあげたいと思っていました。JRの中央線の普通電車に乗って大月駅まで、そこで富士急行線に乗り換えます。トーマスランド号がやってくると、こどもたちは大喜びうれしい

電車内もトーマスの世界が豊かに描かれています。「あ!ジェームス」「ビルとベンだ」と女の子と甥、ほのぼのさんの三人でたくさん発見してました。学生さんやおじいちゃんたちも日常生活に利用しているこの電車。毎日乗れるなんて羨ましいなぁ。

トーマスランド号のほかに、フジサン特急もあります。帰りはこちらを利用しましたが、車内は広々(快適さではこちらのほうがグー)車体には面白い富士山がたくさん描かれています。

トーマスランド号で向かった先は、富士急ハイランド。キッズパス(メルマガ登録すると大人も購入可)で利用できるトーマスランド、ハムハムおうこくの乗り物を中心に楽しみました。3歳から乗れるジェットコースター「ロックンロールダンカン」にも挑戦。

「ガタゴトだいぼうけん」ではいたずら貨車に乗って、機関庫へ。トーマス好きにはたまらない世界です。トーマス

ドラえもんのアスレチックは一番楽しかったようです。やはり、ただ乗るだけでなく、体を動かすことが気持ちがいいのかな。
忙しいNさんに代わり、実家の父がお供してくれました。「こんどはみんなでこようね」と来れなかったパパを想うハートほのぼのさんでした。
18:03 * comments(8) * - おでかけ
釈迦堂遺跡博物館で草木染め
山梨県笛吹市にある釈迦堂遺跡博物館。釈迦堂遺跡は中央自動車道の建設に伴って発掘調査されました。この博物館はそこで発掘された土偶や縄文土器などを所蔵し、展示品はすべて重要文化財です。

時々、イベントが企画されるのですが、今回は「じょうもん染めをしてみよう!」(材料費500円)に参加してきました。
博物館の庭や周辺で採れたヨウシュヤマゴボウ、サザンカ、アケビ、ドングリの染め汁を学芸員の方が用意してくださいました。一人ずつ、ハンカチと手さげ袋を染めるのですが、女の子男の子はサザンカで染めました。私だったら、どんぐりやアケビなど、違うもので染めてみようかと思うのですが、こどもたちはとにかくサザンカのピンクに心を奪われたのです。

自然の持つ色はなんて美しいのでしょう。
とても楽しいらしく、もっと何か染めたい!と言ってたので、今度、我が家の桃の花びらでも染めてみようかな。
縄文時代の人も染物を楽しんでいたのでしょうと学芸員の方がお話してくださいました。
女の子は展示してある縄文時代の装飾品をみながら、「縄文時代の人、おしゃれだったんだね〜」と興味をもっていました。
博物館は小高いところにあるので、4月になったら一面の桃畑の美しい景色を楽しむことができます。
17:04 * comments(10) * - おでかけ
新春 こども歌舞伎へ
姪と甥が続けているこども歌舞伎の新春公演にでかけました。

新春大江戸こども歌舞伎
      主催・信楽会たぬきっず
「慶初春曽我」
「天神詣縁賑」


歌舞伎の独特な台詞回し、お腹からしっかり出ている声、立ち回り、どれも厳しいお稽古を積んだ結果なんだと感心しました。衣裳づくりからチラシづくりまで舞台裏を支えるのは保護者たち。妹も黒子として活躍していて、会社とお稽古場の往復で大変だっただろうなと思いました。
でも、舞台で輝くこどもたちの姿を見ると、それまでの苦労も吹き飛ぶのでしょう。舞台は本当に皆で作りあげるものなんですね。
(東京に出かけられる機会でしたが、ホールとの往復のみ。残念!)

姪への花束代わりのプレゼントはこちら。お年玉で新しいDSを購入したので、そのケースをリクエストされました。我が家にはゲーム機の類がないので、さてどんなものを?オークションに出品されているDSのケースを参考に、中は仕切りをつけ、内布はキルティングに。

歌舞伎を見に行くために、ほのぼのさんの大好きな特急・かいじに乗りました。娘の冬休みも今日で終わり。休み中、二人でとても仲良く遊んでいてとても微笑ましく感じました。ほのぼのさん、明日からねえねを恋しがるだろうなぁ。ハート
17:00 * comments(10) * - おでかけ

<< New   /   Old >>