だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
お弁当袋
春から友人の娘さんが中学に入学桜
ハンドメイドのものでお祝いをと思い、リクエストを聞くと「お弁当関係のグッズを!」と言われました。小学校の給食生活が終わり、お弁当の日々が始まります。
ランチタイムバッグの本 (Heart Warming Life Series)
ランチタイムバッグの本 (Heart Warming Life Series)
図書館で見つけたこちらの本、ランチタイムバッグといっても色々なバリエーションがあるんだなぁととても参考になりました。かばんにひょんと入れる普通のお弁当袋から、学生かばんと一緒に持つようなタイプまで。
こちらは試作品、最近の100均はオリジナル商品も多くて驚きます。内布がアルミの保温シートになっているお弁当Bagもいくつか売られていました。左斜め上の本にであう前だったので、構造を知りたくて1個購入。そして、持ち手や外側についていたポケットなどをはずし同じサイズの袋を作り、好みの持ち手をはさんで合体。芯を貼らなくても直立するしっかりしたものが出来上がりました。お手軽な方法です。両面ファスナーもはじめからついていました。早速、女の子がお弁当持参の日に持って行きました。
布・リバティ・リバティ Franwin(Fabric voyage)
  麻デニム (Rick Rack)
09:33 * comments(2) * - ハンドメイド
入園グッズ〜絵本袋
楽しみながら作っていた入園グッズもほぼ完成しました。
週に1度、幼稚園の絵本コーナーから自分で絵本を選んで借りてくるようになるので、絵本袋を用意します。少しずつ集めていたUSAコットンの中から迷いに迷いながら選んだのはこちら。牧場柄でしょうか、たくさんの動物が出てきて楽しそう。底部分にはホビーラホビーレのブロックチェックのブラウンを使用しました。

決まった園バッグはないので、お弁当の日は、リュックサックで行こうとスヌーピーのものを購入。ランチの日は持ち物は少ないので、斜めがけバッグを作ってみました。


ほのぼのさんに「フタを閉めるところは、ボタンがいい?べりべりがいい?」と聞くと、「べりべり〜」というので面ファスナーに。マチをたっぷりとり、中のものの出し入れがスムーズにいくようにしました。家で上手にできることでも、幼稚園では緊張やあせりもあり、上手くいかないことも多いと思うので、使いやすいことを第一に考えました。

ほのぼのさんの可愛いガールフレンドさんたちといちごいちご狩りに。甲府市の小曲町にはいちご狩りができるハウスがたくさん。驚くほどたくさんのいちごを食べて満足したはずなのに、そこのオリジナルいちごソフトソフトクリームまでペロリ。ママも半分ぐらい、分けてもらえると思ったのに〜。


15:09 * comments(10) * - ハンドメイド
うわばき袋
ほのぼのさんのうわばき袋、今回はNさんにほのぼのさんを描いてもらい、パパ&ママの共同作にしようと決めました。
Nさんは、ほのぼのさんの顔をちらちらっと見ながら、ささっと描いてくれました。そしてほのぼのさんが大好きな新幹線のN700系もプラスしてくれました。
ほのぼのさん、今日図書館に行ったのですが、のりものの図鑑が置いてある位置を覚えているので、新幹線の本を山ほど抱えてきて「これ、借りる!」

新幹線はC&Sの白い帆布に刺繍することに。アウトラインはミシンステッチです。クロスステッチと違い、フリーな感じのステッチは案外不揃いになったところが目についてしまい、難しいです。
うわばき袋の基本地はRick Rackの麻デニム、髪の毛の部分も最初は刺繍でと思ったのですが、こちらも麻デニムをミシンパッチしました。
ほのぼのさんの幼稚園グッズにリバティプリントも使いたいなぁと思っていたので、シャツと底布と開口部に。ホビーラの2009springコレクションのジョアンナですが、東京に住む妹がカットクロスを送ってくれました。

女の子の入園の時は、C&Sのうさぎのネームタグを縫い付けて油性ペンで名前を書きました。しかし、布に名前を書くのは難しい!あっあせあせと書いてから後悔するのもイヤなので今回は、織ネームを作ってもらうことにしました。
お願いしたのは『なまえ・タグ』(柳澤織ネーム株式会社)。キッズタグは可愛いイラストが揃っていて、1セット30枚、1,575円。とてもすっきりした仕上がりで気に入りました。オススメです。
22:50 * comments(6) * - ハンドメイド
入園グッズ〜お弁当編
いよいよほのぼのさんの入園グッズ作りがスタートです。ほのぼのさんはスヌーピーのふわっとしたハーフケットがお気に入り。おしゃべりがまだ上手ではない頃からその毛布を「ピー、ピー」と呼んでいました。
入園グッズを作るために布を…と思っていると、「ピーのがいいハート」とリクエストがありました。

週3回のお弁当、女の子のときは、巾着タイプを作りましたが、たっぷり入れることができるこんなタイプを作ってみました。
暑い季節、フルーツなどが傷まないように保冷剤を入れたりするので、保冷バッグのように内布はアルミに。シートは100円ショップで手に入ります。縫いにくいので習字紙を使います。

入園説明会で「スライド式のフォーク&スプーン入れは最初は難しいので使わないようにしてください。」と言われました。女の子のときも、年少の頃はupのタイプを使っていました。お弁当バッグもこちらもベリベリッと簡単に面ファスナーで開閉できます。

電車好きのほのぼのさん、こちらの布も見逃しませんでした。
あっ冷や汗と思いましたが、ほのぼのさんが使うんだもんね〜。座布団カバーをこちらで作ることにしました。電車の正面、つまり顔だけなのですが、ほのぼのさんは電車の名前をスラスラいうことができてびっくり。ママはボディの色を見てもよくわからないよ〜。
絵本袋とうわばき袋はママの好みで作らせてねお願い
19:50 * comments(13) * - ハンドメイド
ニットベロア
ストレッチベロアで娘さんのタートルワンピースを作られた方のブログを拝見し、そのしなやかさにピン!ときました。
このパターンにこれだと思う生地になかなか出会うことができませんでした。
端が丸まりやすいので少々苦労しましたが、思ったとおり、きれいなフレアのラインが出ました。春が近づき、こんなやさしい色を身につけたくなりました。

布・綿混ニットベロア・スモーキーカラー オールドカメオローズ
        (JACK&BEAN)
パターン・フレアセーター(クルール)

袖裏からはリバティのLea Valleyをのぞかせてみました。


こどもたちに風邪をひかせないようにと気をつけていたら、私のほうが…。数日頭痛が続いたので心配になり、脳神経外科内科へ。風邪と肩こりが原因とわかり、低周波治療を10分してもらいました。横にはウォーターベッドで手もみ感覚!という治療器もあり、そちらも興味津々。
体調が万全ではなかったので、休日は近くのスポーツ公園へ。ほのぼのさん男の子、公園の石をみると、のぼる、のぼる、のぼる。次々、石にのぼってはジャンプを繰り返すのです。
その嬉しそうな様子が面白くて、面白くて。
舗道を歩くときも縁石を歩きたがったり、ちょっとした高さにも目がないのです。
春から幼稚園、ジャングルジムからジャンプしないで〜と少々心配にもなります。

22:49 * comments(8) * - ハンドメイド
ハート&ハートのカーデ
先日作ったハートのフリルスカートdownの色違いでカーディガンを作りました。
前立て部分を紺にしようかとあわせていると、女の子が「この色がいい!」と指差したのはターコイズブルーのハートでした。

ちょうど手元にターコイズブルーのスムースニットがあったので、希望通りに。出来上がると紺よりもやさしいイメージになりました。
布・ハート&ハート 
    (Rick Rack予約販売)
パターン・カーディガン(Rick Rack)

最近女の子とNさんは交換日記をはじめました。二人だけの楽しい世界なので、他の人は絶対にのぞいてはいけません。それはとても大切な約束です。
娘が入学する前、通学路のあちらこちらに自分で横断歩道をひきたいなぁと話していたNさん。日記を読んでいるときの顔は本当に幸せそう。帰宅して娘が寝ていても寂しくなさそうです。
17:59 * comments(6) * - ハンドメイド
ハート&ハート
最近は、ジーンズをはくときにもスカートを重ね着するのがお気に入りのよう。リクエストに応えて、こんなスカートを作ってみました。フリルの揺れ具合が気に入ったようで、飛んだり跳ねたりしていました。
私個人としては、くすんだ色合いのものやワンピースやジャンパースカートを着て欲しいと思うのですが、着ていて嬉しいとか楽しい気持ちになれるものが一番なのかなとも思います。
ちぐはぐにならないように、柄がぶつからないようにということ、トータルで三色以内にまとめるようにネとだけアドバイスしています。

布・ハート&ハート(Rick Rack)
パターン・手持ちのスカートより

ハート好きの娘のために購入したこちらの生地、色合いが2パターンあったのですが、どちらのタイプも捨てきれず、それぞれ50cm注文しました。もうひとつのブルー系は、カーディガンを作ることにします。


連休は、アーパ(実家の父)に近くの動物園へ連れて行ってもらいました。
一番の楽しみは、ふれあい広場でうさぎやモルモットを抱っこすること。
ほのぼのさんは今まで、ねえねが抱っこする様子をおそるおそる見ていただけでしたが、今回はチャレンジしていました。一度抱っこできると、嬉しくなったのか、何度も何度も。こどもの様子を見ていると、昨日できなかったことが、今日できていたり、驚くことばかり。
日々成長しているんだなぁ。クローバー
14:25 * comments(6) * - ハンドメイド
編み物
娘が3〜4歳の頃は編み物を楽しんでいました。お揃いのサマーセーターを編んだり、ヨーク部分が編み物で、スカート部分はUSAコットンを使ったジャンパースカートを作ったり…。
最近はミシンのスピード感に慣れ、また、時間的余裕もなく、編み物をしなくなりました。

タンスの中から、娘に編んだベストが出てきました。丈が短くなったので、左斜め下
裾部分をかぎ針を使って編み足してチュニック風にしてみました。ゆったりめに作っていたのでしょう。今がぴったりのサイズかもしれません。

編みかけの自分のセーターも袋に入ったまま、そして気に入った毛糸も手つかずのまま。編み物は手間も時間もかかりますが、そんな時間を惜しまずにまた挑戦したいと思っています。

14:54 * comments(10) * - ハンドメイド
ポケットは大切
幼稚園からのお友達でスイミングを一緒に通っているRちゃん。Rちゃんのママが「着替えが遅くて〜。今日は一番で出てきてごらんっていったんだケド…」と言って待っていると、その日も一番最後に出てきました(笑)。
そんなRちゃんのために、娘と同じスイミング用のワンピースを縫ってあげることにしました。そして、大切なポイントが一つ、「学校にも着て行きたいのでポケットを」と言われました。そう、幼稚園のときは、ひも付きのハンドタオルを毎日持参し、それを手洗い場近くのフックに一人ずつかけて使っていましたが、小学校では、「ハンカチはポケットに、ポケットがない場合は、安全ピンで」とお便りに書いてありました。

今までワンピースやスカートを作るときに、ついポケット作りはめんどうかなと思い、省いていました。なので、安全ピンでつけていくことが多いのですが、夏物は薄い生地なので、少々無理を感じることもありました。
シームポケット(脇縫い目利用)作り、やってみると、思いのほか簡単。もっと早くつけてあげればよかったなぁ。

色々な洋裁本を参考にしましたが、図書館で借りてきたこちら左斜め下の本の説明が一番わかりやすかったです。

ふだん着は手作りで 子ども服の基礎ノート
ふだん着は手作りで 子ども服の基礎ノート
17:57 * comments(2) * - ハンドメイド
みーちゃんとママ
ほのぼのさんと同級生になるいとこのみーちゃん。みーちゃんのママの「ブログを見ていて、おそろいいいなって思うの」の声に、ほのぼのさんのお守りでお世話になっているので感謝の気持ちを込め、縫わせてもらうことにしました。ロックミシンを持たない私にとって、人様のお洋服を縫うことはドキドキです。ていねいに、ていねいに作りました。

布・ボイルワッシャー シューレ(HARU)
パターン 大人*デザインスリーブブラウス(クルール)
こども*こどものスモック&エプロン
(レディブティックシリーズNo.1994)

初めての布選び、PCの前に座って、楽しそうに選んでくれました。普段120サイズを作り慣れている私にとって、90サイズのお洋服は小さくて可愛いなぁと嬉しくなりました。

布・50ボイルボーダー アビニョン(HARU)
パターン・大人*「ウエストゴムの形いろいろキレイめスカート」渡部サト
(河出書房新社)より
こども*「こはるのふく」より「a」スモックワンピース(文化出版局)

透け感のある薄い生地なので、ギャザーをたっぷりとってもボリュームが出すぎず、ふわふわしていて軽やかな雰囲気になりました。裏地付きでもよかったのですが、ペチコートは1枚あれば便利なので、別に作りました。
20:00 * comments(4) * - ハンドメイド

<< New   /   Old >>