だいすき…絵本、パン、ハンドメイド
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

profile
categories
new entries
recommend
おひさまパン
おひさまパン (JUGEMレビュー »)
エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織
archives
comment
訪問ありがとうございます
チェリー
ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
others
sponsor
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - -
みまもる
子どもたちは、朝は集団登校です。
3週間に1度ぐらい、立哨当番がまわってきます。
信号のところで待っていると、元気におはようが言える子どももいれば、声をだしておはようを言えない子どもも。
「もうすぐ夏休みだね!」と声をかけます。


 
昨日の当番のとき、遠くのほうで子どもたちを見守るママの姿が見えました。
「いってらっしゃい」と言った後も、子どもの姿が見えなくなるまでずっと見送っているんだなぁと温かい気持ちになりました。
たとえ子どもが振り返らなかったとしても、背中を見守る親心。

そういえば、私の母は、見えなくなるまで手を振っていてくれたな…。
18:41 * comments(0) * - 日々のあれこれ
サワガニ
 週末、実家近くのとっておきの場所へ。
昨年見つけたサワガニがいる小さな小さな川。
ザリガニと違い、きれいな水を好むというサワガニ。
山の清水が流れ落ちてくるのかな。

「今年もそろそろいるかな〜」とわくわく。


「ママ、いたよ!」
石の色と一緒なので、ママにはすぐには見つけられません
石をどけてみたり、網ではなく手でつかんでみたり。
ザリガニやくわがた探しなど、自分が子ども時代に経験しなかったことを、ほのぼのさんのおかげで今体験しています。

そしていよいよ、春先に見つけたカブトムシの幼虫が…。

我が家はDSなどのゲーム機はなので、こんな虫たちと遊んでいます。


17:15 * comments(0) * - 日々のあれこれ
美術教室6月
月に一度、我が家に先生にお越しいただき、仲間親子と絵の教室を楽しんでいます。
6月は
・デッサンへむけての鉛筆の運び
・竹ペンで辛子大根を描く
・カタツムリ


本物のあじさいのはっぱを木の板に貼り、のりでコーティング。
かたつむりの殻の部分は木の枝を輪切りにしたもの。
竹ペンでぐるぐるぐると描きます。
陶芸用の土で体の部分を作り、かたつむりの歩いたところを銀で。
→ほのぼのさん作


親子で同じものを描いたり、作ることは、お互いの一生懸命さが刺激になり、とても楽しいです。


そして、絵にしても、造形作品にしても子どもののびやかな感性にはかなわないな〜といつも感心します。
12:55 * comments(0) * - 日々のあれこれ
第24回世界青年の船〜地方プログラム
内閣府の国際交流事業の一つである「世界青年の船」の地方プログラムとして山梨にカナダとスペインの青年22名がやってきました。
この事業に参加した青年たちで組織されている山梨IYEO。私もメンバーの一人として、今回受け入れプログラムの実行委員として参加しました。
県庁担当の方を交え、何度も実行委員会を開き、準備してきました。
こちらはホストファミリーとのマッチングのための交歓会。幼稚園のお友達ファミリーも3組ホストファミリーに協力してくださいました

ホームステイを2泊体験後、県内青年と環境学習会&ディスカッション。
ソーラーカーも体験していただきました。


外国青年22名、日本青年40名、グループごとに本当に熱心に「持続可能な社会をめざして」ディスカッション。ご協力いただいたNPOみどりの学校の理事長さんも青年たちの様子に感激してくださいました。

最終日は、ほのぼのさんのいる幼稚園を訪問してくださいました。
100年前、カナダの人たちが幼稚園の創立に深く関わってくださったので、お礼の気持ちもこめてお迎えしました。

餅つきやお弁当の時間も一緒に。
子どもたち、遠慮なく日本語でたくさん話しかけていました。
青年たちも笑顔、笑顔。

ジャズピアノを弾いてくださったカナダの青年に子どもたちもうっとり。

青年たちはいよいよ31日に横浜港から35日間の研修に出発です。
また、山梨に遊びに来てほしいな〜。






 
19:56 * comments(0) * - 日々のあれこれ
6さい
ほのぼのさん、6歳になりました。
昨年までは、戦隊シリーズのお誕生日ケーキをリクエストしたのに、今年は「お星様のかたちのケーキがいいな 」と一言。
星型のケーキなんて見たことないな〜と不安になり、よく利用するセーヌ洋菓子店に相談にいくと、「いいですよ!お誕生日の夢をかなえましょう」と快く引き受けてくださいました。
ほのぼのさんは想像していたよりも大きなケーキだったそうで、大満足でした。

幼稚園でも9月のお誕生会。私もお弁当を持って一緒に登園です。お誕生会はこどもにとって特別な一日。ホールに集まり、お友達にお祝いしていただきます。
お祈りのとき、ぎゅっと目を閉じる姿が本当に愛らしい
幼稚園最後のお誕生会、胸がきゅんとしました。
先生が連絡帳に「お腹の中にいるころからずっと一緒に成長を見守ることができ嬉しいです。…ほのぼのさんの成長に感激でした。」と丁寧に綴ってくださいました。
信頼できる先生との出会いは宝物です。

そして、先生だけでなく、この幼稚園では素敵なママとの出会いもたくさん。
ほのぼのさんのお誕生日をお祝いして、Kさんが私にプレゼントを!
そばに置いておくだけでほっとする香りの石鹸と「あおいきりん」さんのクッキー。
植物性材料のみのお菓子。卵や乳性品は使われていません。
美味しすぎて写真を撮るのも忘れてしまいました。それも一人で食べてしまいました



23:08 * comments(2) * - 日々のあれこれ
幼稚園ファミリーコンサート
日曜日、幼稚園でジャズコンサートが開かれました。
年中さんのお友達の叔母さまがNY在住のヴォーカリスト・須田宏美さん♪
東京、横浜でのコンサートのため帰国されていたので、幼稚園でも歌声を披露してくださいました。


ブラジリアンジャズを生で聴くのはこどもたちにとって貴重な経験。
透明感のある声が暑さをやわらげてくれました。
園庭からの吹き込む風も心地よい午後のひととき。

1曲、皆で歌えるように教えてくださったのが「そさんば さんば〜」
すぐに覚えたほのぼのさん、家でも歌っています。

興味がないだろう〜と大人が最初から決めるのではなく、色々な音楽、美術に触れる機会をたくさん作ってあげたいものです。

 
22:44 * comments(0) * - 日々のあれこれ
自然観察ボックスシリーズ
この夏のほのぼのさん、虫カゴが手放せません。
幼稚園から帰って「ザリガニが捕りたい!」「クワガタが〜!」とママを誘います。
幼稚園の畑の作業にいってもどうやら虫探しに熱中しているようです。
桃の収穫で忙しいNさん、土日にこどもたちと出かけることなどなかなかできないのですが、午後から少し時間がとれたのでザリガニを…。しかし、水がきれいすぎていなかったのですが、しょんぼりしていると、公園事務所の方が水槽で飼っているザリガニを譲ってくださりました。感謝!

ある土曜日、NHKのこども番組でサワガニが紹介されていると、「サワガニをとりたい!」
ちょうど、実家に遊びに行く日だったので、おじいちゃんとぐるぐる探し回っていると、サワガニ発見。
水がきれいなところに生息するというので、自然が守られているのだな~としみじみ。
数匹、お家に連れて帰ることにしました。

サワガニやクワガタ、カブトムシと我が家はにぎやかになりましたが、観察する際に重宝しているのがこちらのに『自然観察ボックス・トリプル』。
笛吹市にある私の大好きなおもちゃやさん「toydeco」さんで見つけました。
上部が虫眼鏡になっているだけでなく、こちらは、下部に鏡がついていて、虫のおなか部分も下の虫眼鏡からのぞけるようになっています。
これはオススメですよ〜。

 
23:16 * comments(0) * - 日々のあれこれ
幼稚園100周年
土曜日に幼稚園の100周年創立記念礼拝が行われました。中高のチャペルをお借りしましたが、パイプオルガンの音色が素晴らしく、また演奏者が幼稚園の卒園生でもある高校2年生だということも嬉しいことでした。
100年前、カナダの方たちが山梨の地に幼稚園をという思いで尽力してくださったこと、戦争の苦しい時代を経て、そして今、ほのぼのさんたちが保育を受けられることに改めて感謝の思いでした。100年に立ち会えることも嬉しいかぎりです。

礼拝後の感謝会では、昭和17年卒の方が当時のお話をしてくださいました。まるで昨日のことのように、幼稚園時代のことを詳しくお話をしてくださったことに驚きました。
娘やほのぼのさんにはどんなことが記憶に残るのかな〜。

歴代の卒園アルバムや全園児に配られる手作りのクリスマスカードが並べられ、さまざまな年代の方、旧職員の方々がご覧になっていました。



記念品にいただいたのは、こちらのエコバッグ。帆布のようなしっかりした生地でできています。私も使いたいけど、こどもたちも狙っていて、さてさて誰のものになるのかな…。

 
 
12:39 * comments(0) * - 日々のあれこれ
山梨いのちの電話10周年記念講演会
 大学時代に学校主催のリトリートの講師として岡山から来てくださったノートルダム清心理事長の渡辺和子さん。講演会を聞いて依頼、折にふれてその著書を読み、考えさせられました。
山梨いのちの電話10周年記念講演会の講師としていらっしゃると聞き、子どもたちと一緒に行きました。1時間半の講演をこどもたちは静かにきけるかしら…と心配でしたが、5歳のほのぼのさんも、幼稚園の礼拝でお話を静かにきくことに慣れているせいか、隣りで本を読みながら過ごしてくれました。

上記の本、「愛と祈りで子どもは育つ」は子育て中の人におすすめです。

「置かれたところで咲く」という箇所は特に印象に残りました。
「自分が望んだところに置かれるとは限らない、あそこに置かれたら咲けるのに…ではなく、置かれた場所で一生懸命咲かせていきましょう」と。
子どもたちにも、そんな風に考えられる大人になってほしいな、もちろん、私自身もそうありたいです。
講演前にお手紙をお渡ししたところ、数日後ポストにハガキが…。驚きと感激で胸がいっぱいになりました。
17:43 * comments(4) * - 日々のあれこれ
2011 あけましておめでとうございます
今年は我が家のうさぎちゃんが年賀状に登場してくれました。
昨年は思うようにブログを更新できず、反省。ブログをはじめた頃は、書くことがいい意味で刺激となり、日々の生活を細やかな視線で見つめることができたような気がします。
丁寧に、じっくり、物事にも、人にも向き合っていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。

お正月は笛吹市一宮町にある
「ききょうや」本社工場の見学に帰省中の妹や姪&甥を連れて行ってきました。
が小学校の社会科見学で訪れた後、「家族と行きたい!」とずっと言ってました。夏のオオムラサキセンターでもそうでしたが、は学校で出かけて楽しかった経験を家族にもとお薦めしてくれます。家族を大切に思ってくれるところにじ〜んときます。
山梨土産といえば「信玄餅」と定着しています。
工場内では次々にコロンとお餅ができあがって、黒蜜ときな粉がセットされ運ばれてきます。
そして、最後は人の手で1個あたり、6秒できゅっと結ばれます。
この信玄餅を包む体験もできるそうです。
お菓子の材料でできた馬車やお花が展示されているコーナー、またお食事処、アウトレットもあり、楽しめます。B1グランプリをとって噂となった「鳥もつ煮」の真空パック入りも販売されていましよ〜。

 
11:29 * comments(4) * - 日々のあれこれ

<< New   /   Old >>